Nagoya Castle’s CSR
ナゴヤキャッスルのCSR

ピンクリボン運動のご協力ありがとうございました。

2017年10月1日~31日の期間、皆様にご協力いただきました募金は、
公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」に寄付いたします。
【寄付総額】11,613円

ピンクリボン啓発運動

ピンクリボン啓発運動 ピンクリボン啓発運動

ナゴヤキャッスルでは、地域社会貢献の一環として、2009年よりピンクリボンの啓発活動を続けています。
全世界でピンクリボン月間とされる毎年10月は、
ホテルのスタッフが胸にピンクリボンバッチをつけているほか、様々な取り組みを実施します。

初日の10月1日には、名古屋城をピンクに染めるライトアップに合わせ、ホテルの壁面等もピンク色にライトアップ。
また館内各所にピンクリボンの募金箱を設置し、集まった募金は公益財団法人 日本対がん協会「ほほえみ基金」に寄付いたします。
その他にも館内に飾られているお花も10月はピンク色でコーディネートするなど、
様々な形でお客様にピンクリボンに込められたメッセージをお届けしています。

ピンクリボン運動とは

乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを伝える世界規模の運動。日本でも20人に1人の割合で発病、年間1万人以上の方が亡くなっていますが、乳がんは早期発見すれば95%の確率で治癒する病気です。
しかし、その受診率は未だ30%以下、欧米諸国の70~80%と比較して関心度がまだまだ低いのが現状です。

名古屋での活動

名古屋では「マルハチ」にちなみ
受診率88%を目指し活動を推進しています。

プレスリリース

ウェスティンナゴヤキャッスルのピンク色にアレンジされた館内装花 ウェスティンナゴヤキャッスルのピンク色にアレンジされた館内装花

ウェスティンナゴヤキャッスルのピンク色にアレンジされた館内装花

10月の1ヶ月間、ホテルスタッフがピンクリボンバッチを着用します 10月の1ヶ月間、ホテルスタッフがピンクリボンバッチを着用します

10月の1ヶ月間、ホテルスタッフがピンクリボンバッチを着用します