Nagoya Castle’s CSR
ナゴヤキャッスルのCSR

食の安心安全

ナゴヤキャッスルは企業理念である「最高品質のホテル・サービスの提供」の下、食の安心安全への取組みを行っております。お客様に安心してホテルをご利用いただけるよう、食の安心安全委員会を設置し監視・指導体制をより確かなものにしました。今後も引き続き継続・強化するとともに、社員一同、お客様に、よりご満足いただける「安心・安全を最優先したサービス」を目指します。

食の安心安全委員会

「食の安心安全委員会」はナゴヤキャッスル料理統括部長を委員長として、食品等の品質・衛生管理の監視・指導及び「メニュー表示のガイドライン」を基に、食品表示に対する監視体制をより強化する目的で設置しました。

メニュー表示のガイドライン

2014年3月に農林水産省・厚生労働省・消費者庁が定める法令や公的なガイドラインである、JAS法、景品表示法、食品衛生法、健康増進法、薬事法、外食における原産地表示に関するガイドライン等を基準として、弊社オリジナルのメニュー表示に対するガイドラインを策定しました。

ガイドラインの基本方針

・原産地表記
・名称表記
・アレルゲン表記
・まぎらわしい表現の禁止
・虚偽誇大広告等の禁止
・お客様への告知
・トレーサビリティ法の順守
*上記基本方針をガイドラインに定める「メニュー表示の運用マニュアル」に基づき厳守いたします。
*食物アレルギー対応について詳しくはこちらをご覧ください。