Nagoya Castle’s CSR
ナゴヤキャッスルのCSR

衛生管理

ナゴヤキャッスルでは、全てのお客様が滞在するいついかなる時、場所において、満足して頂ける料理やサービスはもちろん、確実な「安心と安全」を提供する為、定期的な各種内外部監査等を実施し、あらゆる角度から衛生環境を整え、管理・運営しています。

衛生報告会

総支配人、及び総料理長を中心に、全料理長を含む所属長により組織され、衛生環境全般に関わる問題や課題を検討、是正しています。

衛生委員会

毎月1回、衛生管理会社(ウェスティンナゴヤキャッスルはアース環境サービス株式会社、キャッスルプラザはセントラルトリニティ株式会社)監修の元に検討会議を開催し、衛生面全般の改善に努めています。
この委員会が取り組む対象は、「仕入れ」「検品」「保管」「調理(加工)」「サービス」「清掃」等、ホテル内の全カテゴリーに及ぶ為、社内全セクションの代表者により組織され、総料理長、及び社内に於ける内部監査員を中心に運営しています。

食品供給業者施設訪問監査

年1回、上記内部監査員を中心としたメンバーにより、全ての仕入れ業者(HACCP取得企業を除く)に対して訪問監査を行い、正しい衛生環境で調理・製造・出荷されているかを確認しています。

スターウッド食品安全衛生監査

ウェスティンナゴヤキャッスルは、ウェスティンホテルグループを運営するスターウッドホテル&リゾート(本社:北米)により世界基準で定められた最新のガイドライン「食品衛生管理マニュアル」に基づき、1年に1度、監査委託を受けたEHC社の厳正な審査を受けています。