ECO LIFE PROJECT

ECO LIFE PROJECT
エコライフプロジェクト

廃棄物削減のために

食品廃棄物だけでなく客室のアメニティや古紙など
ホテルのあらゆる廃棄物の3Rを推進しています。

廃棄物削減のために
  • 生ごみの循環型リサイクル

    生ごみの循環型リサイクル

    ホテルでは無駄な食品ロスを出さないような料理提供に努めていますが、それでも年間約280tもの食品残渣、いわゆる生ごみが厨房から排出されます(ウェスティンナゴヤキャッスル、キャッスルプラザの2ホテルの合計)。私たちはそれらをごみではなく重要なリサイクル資源と考え、100%堆肥化する取り組みを行なっています。

  • パンの飼料化リサイクル

    パンの飼料化リサイクル

    ホテルで多く排出される食品残渣の中には、宴会場やレストランで食べ残しとなったパン類があります。このパン類はとても栄養価の高い飼料、つまり豚の餌にリサイクルすることができるため、ウェスティンナゴヤキャッスルでは生ごみとパンとを分別し飼料にするリサイクルを2014年から始めました。

  • 環境循環型野菜「おかえりやさい」

    環境循環型野菜「おかえりやさい」

    リサイクルされた堆肥は地元の契約農家での野菜作りに役立てられ、季節によってはその野菜をホテルでもご提供しています。その野菜は“循環する”という意味合いから、「おかえりやさい」と名付けられ、
    一部のスーパー等でも販売されています。
    おかえりやさいプロジェクトはこちら