ご結納の基礎知識

結納とは、結婚の約束を正式に交わすもので、ご両親や親族の前で男性から女性に結納品や結納金などを贈ります。ご媒妁人がご両家を往復する「正式結納」と、ホテルやレストランなどに両家が集い、結納と結納返しを同時に行う「略式結納」があり、最近では「略式結納」が多くなっています。1日で結納と結納返しが終わるためご両家やご媒妁人の負担を減らすことができます。
ホテルナゴヤキャッスルではホテルスタッフのサポートで円滑に結納式を行う「略式結納」をご案内しております。ご結納の際は落ち着いて過ごせ、ご両家のコミュニケーションがはかりやすい個室がおすすめ。結納後のお食事も考慮し、お昼頃に行うのが一般的です。
ご予約の際には、結納であることをお伝え下さい。個室のご案内や必要であれば当日の準備・進行までお手伝いさせていただきます。お料理もあらかじめご予約いただくと当日スムーズです。



近では挙式の半年前から遅くても3ヶ月前までに行うのが一般的です。最も縁起が良いと考えられているのが大安ですが、大安の休日でご両家のスケジュールが合う日を調整するのが難しいことから、大安以外の縁起の良い日柄、友引・先勝(午前中)などを選ぶ場合もあります。仏滅は避けるのが通常です。



ご結納式の服装は男性はスーツ、女性はワンピース・スーツや和装が一般的です。ホテルナゴヤキャッスルでは美容室にて着付・ヘアメイクも承っております(要予約)。ご結納会場ご予約後の打ち合わせの際にご相談ください。



婿方からの品目嫁方からの品目
熨斗(のし)熨斗(のし)
小袖料(こそでりょう)御袴料(おはかまりょう)
家内喜多留料(やなぎだるりょう)諸白料(もろはくりょう)
寿留女(するめ)勝男(かつお)
友白髪(ともしらが)友白髪(ともしらが)
子生婦(こんぶ)幸運夫(こんぶ)
末広(すえひろ)末広(すえひろ)
上記に目録(もくろく)、結美和(ゆびわ)を加えます。上記に目録(もくろく)、時計など(婚約記念品)を加えます

※中部地区の一般的品数です。結納形式、地域によって異なりますので詳しくはご結納品をお求めの際にお問い合わせください。

ご結納品をどこで購入したらよいかわからない方はご相談ください。提携の結納店をご紹介いたします。
また、ご結納品の持込み料はいただいておりませんので、直接お持ちになる方もいらっしゃいます。





※上記は一例です。結納形式よって異なります。


最近では結納は行わず、ご両家の顔合わせをかねた食事会を行うケースが増えています。お二人の結婚をご両家に認めてもらうことを目的としていますので、結納のような形式がなく、また結納品の交換も行いません。
お顔合わせ・食事会もやはり、落ち着いてご両家の交流がはかれる個室がおすすめです。