想い出の続きをこれからも。

想い出の続きをこれからも。

ホテルナゴヤキャッスルは、
現在の地に誕生して約半世紀。
おもてなしの心、伝統への誇りはそのままに、
2020年秋から始まるリニューアルの後、
さらに進化した姿で皆さまにお目にかかります。
休館までのカウントダウン、思い出のシーンを
ともに心に刻みませんか。

Special Events

Message

平素は格別のお引き立てを賜り、
誠にありがとうございます。
この度、ホテルナゴヤキャッスルは、
2020年9月30日(水)をもちまして営業を終了し、
10月1日より一時休館いたします。

当ホテルは、1969年10月5日、
歴史ある名古屋城を庭に見立てて、
名古屋を代表する一流ホテルを目指し
開業いたしました。
以来、1988年に中部圏最大の
宴会場「天守の間」をオープンし、
2000年に世界的ホテルブランド、
ウェスティン・ホテルズ&リゾーツと提携、
2005年愛知万博では迎賓館と
レセプションホールを運営いたしました。
そして2018年、ウェスティン・ホテルズ&リゾーツとの
契約満了により、
馴染み深い名称
「ホテルナゴヤキャッスル」として新たにスタート。
約半世紀にわたり、最高品質のサービスの
提供に努めて参りました。
皆様の長年にわたるご愛顧に
心より感謝を申し上げます。

今後は、2024年度の開業を目指し、建て替え計画を推進してまいります。

尚、一時休館にともない、
これまでご愛顧いただきましたお客様への
謝恩イベントを
宿泊、レストラン、宴会場等
全館挙げて展開して参ります。
引き続き、ご厚誼のほど
よろしくお願い申し上げます。

株式会社ナゴヤキャッスル 常務取締役
ホテルナゴヤキャッスル 総支配人
北村 勉

2020年9月30日(水)をもちまして、
一時休館いたします。

History

1968

1968

1968年3月28日
「ホテルナゴヤキャッスル」地鎮祭

東海道新幹線が開通し、国際会議場や名古屋デザイン博の計画があった頃。名古屋に人が集まり、滞在してもらうためにはホテルが足りなかった。名古屋経済の発展、街の活性化を願い、「名古屋城を庭に見たてた名古屋を代表する超一流のホテルをつくろう」と財界人の熱い想いが集結した。時計工場跡地にホテルの建設が始まった。

1969

1969

1969年10月5日
「ホテルナゴヤキャッスル」開業

創業時からの「一流のホテルを作ろう」という思いは、斬新で画期的なアイデアとして具現化される。外壁に添って昇降する日本初の展望エレベーター、屋外プール、最高の音響設備を施した240坪の巨大宴会場、一時間に360度まわる回転バー、客室はもちろん、レストランもスカイラウンジも名古屋城が一望できる配置にするなど、その試みは「地味で堅実」と言われる名古屋のイメージを軽やかに塗り替え、連日連夜、大勢のゲストが押し寄せた。

1988

1988

1988年4月1日
「天守の間」オープン

中部圏最大の宴会場である「天守の間」のオープンやフィットネスクラブの増設など、時代のニーズに合わせて、急速な進化を遂げてゆく。その一方で、華々しさを追い求めるだけではない、普遍的なサービスマインドの確立にも心を砕いた。
名古屋という土地は信頼を得るまでには時間はかかるが、一旦、心が通い合うと、深い絆で結ばれる気質がある。それゆえ、ゲストからの信頼を保ち続けることがいかに大切か、スタッフは肌で感じていた。

2000

2000

2000年4月4日
「ウェスティンナゴヤキャッスル」に改称

そこに、新たな流れが注がれたのは2000年のこと。
世界的ホテルブランド、ウェスティン・ホテルズ&リゾーツと業務提携し、一期一会の心を重んじる「和」のもてなしと、グローバルな品質基準を誇る、洗練されたオペレーションが融合。

2000

2005

2005年3月25日~
「愛・地球博」の迎賓館とレセプションホールの運営

2005年愛知県で開かれた日本国際博覧会「愛・地球博」では、国内外の賓客をもてなす迎賓館とレセプションホールの運営を託され、これまで培ってきたおもてなし力とチーム力を国際交流の舞台で発揮した。

2018

2018

2018年2月1日
「ホテルナゴヤキャッスル」に改称

世界に誇れるサービス品質を身に付けたキャッスルは、「ウェスティン」との契約満了により、馴染み深い名称「ホテルナゴヤキャッスル」として新たにスタートした。伝統を継承しながら次代へと進化する、新生ホテルナゴヤキャッスル。コンセプトは「城景のおもてなし。」。
日本の歴史をつむいできた名古屋城を望むこの地にふさわしい伝統と格式、信頼に応えるおもてなしを、時を越えて提供し続ける意気込みを表した。

2019

2019

2019年10月5日 
開業50周年

開業から半世紀が経つ2019年。
これまでの感謝と未来を創造する姿勢を50周年のキャッチコピーとして制定した。ロゴは金のしゃちほこカラーと石垣カラーの重なりに歴史の積み重なりをイメージさせた。

想い出の続きをこれからも。

Episode

ハイカラな制服

ハイカラな制服

1969年10月5日の開業日当日、CBCテレビで作家、劇作家、ホテル支配人、アナウンサーの座談会と、オープン当日のホテル内部、社員のインタビューが放映されました。ロビースタッフの女性はブーツを履いていました。

真珠のしゃちほこ

真珠のしゃちほこ

絨毯ロビーに大きな対の真珠のしゃちほこ。伊勢志摩で採れた本真珠を使用したキャッスルの看板娘ならぬ看板しゃちほこでした。伊勢志摩に里帰りした現在は、小さな真珠のしゃちほこをロビーでご覧いただけます。名古屋城の目の前に建つキャッスルならではのオブジェです。

展望エレベーター

展望エレベーター

開業時に話題を集めた展望エレベーター。日本では第一号でした。ゆっくりと上がるエレベーターで街の景色を見ながら最上階のレストラン「クラウン」へ。このエレベーターで上がってクラウンでお茶をすることが当時の憧れのデートコースと言われていました。

絶景の屋外プール

絶景の屋外プール

50年前、ホテルの屋外プールは珍しくとても人気でした。ホテルスタッフは交代で監視員をしていました。人気歌番組「ザ・ベストテン」では、このプールサイドから郷ひろみさんが生出演しました。

回転バー

回転バー

「クラウン」には1時間で360度まわるバーがありました。ライトアップされた名古屋城、名古屋駅方面、どちらも見られる国内でも珍しい回転バーでした。

茶室「尚古庵」

茶室「尚古庵」

ホテル3階には茶室がありました。名古屋城と自然の和の調和を眺めながら茶会が開かれていました。現在は「尚古の間」として会合や婚礼の親族待合室として使われています。

キャッスルの野球部

キャッスルの野球部

前身のホテルニューナゴヤ時代から現在も活躍中のキャッスルの野球部。大毎オリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)の選手にコーチをしていただいたほどの熱の入れ様でした。現在も草野球リーグで上位です。

プロフェッショナル集団

プロフェッショナル集団

料理やサービスのコンクール受賞者数は名古屋市内のホテルでは一番でしょう。世界料理オリンピック、ジャパンケーキショー、技能五輪全国大会など、切磋琢磨で技術を磨いています。

氷彫刻の達人たち

氷彫刻の達人たち

キャッスルには氷彫刻師が数名います。開業時より氷彫刻の技術は受け継がれ、世界大会出場の常連もいるほどです。チェーンソー、のこぎり、のみを使って背丈ほどある氷を削って彫刻していきます。ホテルのパーティーにも華を添えます。

ディナーショー

ディナーショー

名古屋で最初にディナーショーを開催したキャッスル。コンサート会場並みのステージに800名のお客様で盛大なクリスマスディナーショーはキャッスルの冬の風物詩です。

明治時代の遺跡

明治時代の遺跡

明治時代、ホテルが建つこの場所は病院でした。敷地内北の方は感染病棟だったため、短いレンガの列と長いレンガの列を交互に積む頑丈なイギリス積みの壁が作られました。現在もホテル北側に残っています。

ロビーのモザイク壁画

ロビーのモザイク壁画

創業当時より1Fロビーを彩っていた壁一面のモザイク壁画。文化功労者でもある洋画壇の重鎮、脇田和氏のこの作品は60年代に名古屋でも数多く制作されたモザイク壁画の中でも傑作と評されています。残念ながらホテルの改修時にこの場所は西陣織をアレンジしたアート壁になり、現在は見ることができませんが、この貴重な作品は今も壁の奥で静かに眠っています。

隠れシャチ

隠れシャチ

エントランスからホテル外に続くの白いタイル壁には角ごとにシャチのマークが付いています。建設時に入れられたマーク。スタッフでも知る者は少ないでしょう。

美術館のようなホテル

美術館のようなホテル

キャッスルは開業時より幅広く美術品を収集し、佐伯祐三、荻須高徳、ピカソ、シャガールなど有名作家から新鋭作家の作品まで700点以上を所有し、どなたでも自由に見ていただけるようロビーやレストラン、客室に飾っていました。
半数以上を譲った現在は、小原和紙作家山内一生氏と水墨画家山田大作氏の地元の有名作家作品や、一般の方に貸し出している「アートギャラリー」をお楽しみいただけます。

皇室御用達

皇室御用達

宮内庁に認められた皇室の方々がご宿泊されるホテルは、警備がしやすく、おもてなしが信頼された施設が選ばれます。キャッスルも多くの皇室の方をお迎えしてきました。今日も誇りをもって最高品質のサービスを努めています。

御深地蔵(おふけじぞう)

御深地蔵(おふけじぞう)

ホテルの敷地内にお地蔵様が鎮座しています。名古屋城築城の際動員されて、工事で亡くなった方をお祀りしたお地蔵様です。春と秋は地域の方とホテルで小さな法要を行います。

2つのシャンデリア

2つのシャンデリア

重厚な調度、幅広いカウンター、世界の洋酒が並ぶメンバー「ローゼン」の球体シャンデリア。立食パーティー1,000名収容可能な宴会場「青雲の間」の煌めくシャンデリア。どちらも開業時から残るシャンデリアです。

仕掛けのある鏡

仕掛けのある鏡

四季折々の自然と名古屋城を見渡す11Fコンテンポラリー・ダイニング「クラウン」。レストラン内の個室の壁に長方形の大きな鏡があります。窓側に座った方でも鏡に映った景色が見られるよう角度が調整されており、どのお席でも美しい借景をご覧いただきながらお食事をしていただけます。

ロゴに隠されたしゃちほこ

ロゴに隠されたしゃちほこ

現在の「HOTEL NAGOYA CASTLE」のロゴには、名古屋城のしゃちほこが隠れています。「N」の左上と「S」の右上が、きゅっと上がっています。しゃちほこの尾っぽをイメージした粋なロゴです。

名古屋城の正面

名古屋城の正面

徳川家の名古屋城は豊臣家の大阪城に向いて建てられているため、西側が正面です。西側に位置するキャッスル。自然に囲まれた壮厳で美しい名城を正面からご堪能ください。

Action

愛知・岐阜私立美術館名品展

愛知・岐阜私立美術館名品展

1995年8月、創業40周年を記念して「天守の間」で美術展を開催。地元の10美術館が所蔵する名品118点を一堂に展示し無料で観賞できる企画は話題となり、10日間で延べ32,000人を超える来場者で賑わいました。

交響詩・名古屋城

交響詩・名古屋城

2006年、会社設立50周年記念事業として、名古屋城の歴史を表現した「交響詩・名古屋城」(作曲:ボブ佐久間 / 演奏:名フィル・ポップスオーケストラ)を製作し、初演コンサートの後、名古屋市へ寄贈いたしました。第7楽章「賛歌・復活の鼓動」は名古屋城本丸御殿復元のイメージソング(作詞:ボブ佐久間 歌:新妻聖子)となり、広く親しんでいただいています。

陸前高田市の復興支援

陸前高田市の
復興支援

平成23年東日本大震災以降、名古屋市が立ち上げた「陸前高田市の子どもたちを名古屋へ招待するプロジェクト」に全面参画し、これまでに総勢590名お泊りいただき、滞在中の就労体験に携わって参りました。

詳しくはこちら
ピンクリボン啓発運動

ピンクリボン
啓発運動

乳がんの早期発見、早期治療の大切さを伝えるピンクリボン運動。2009年から毎年、ピンクリボン月間の10月は、スタッフが胸元にバッチをつけ、館内各所に募金箱を設置、館内のお花をピンク色でコーディネートするなど、様々な形でピンクリボンに込められたメッセージをお届けしてきました。

詳しくはこちら
年末献血運動

年末献血運動

輸血用血液が不足する毎年年末に愛知県赤十字血液センターと連携し、2007年から献血運動を実施しました。生演奏が流れ、名古屋城を一望できる優雅な空間はホテルならではの献血会場となり、毎年多くの皆様にご協力をいただきました。

詳しくはこちら
「海上の森」里山保全活動

「海上の森」里山保全活動

人と自然が共生する貴重な里山、瀬戸市の「海上の森」の豊かな自然を後世に引き継ぐため、2009年より7年間、従業員延べ266人が参加し、間伐活動に取り組みました。

詳しくはこちら
クリーンキャンペーン

クリーンキャンペーン

私たちは月に一度早朝、当日出勤している従業員のほとんどが参加してホテル周辺の清掃活動を行なっています。また自治体が主催する地域の清掃活動等にも積極的に参加しています。

ワインコルクのリサイクル活動

ワインコルクの
リサイクル活動

レストランや宴会で抜栓したワインコルクの回収&リサイクルに取り組んでいます。コルクは内装パネルやコースターなどに再利用され、作業工程の中には障がい者施設での自立支援の一助になるものもあります。

詳しくはこちら
ペットボトルキャップ運動

ペットボトル
キャップ運動

2009年からスタートしたペットボトルキャップの回収は260万個を超えました。キャップをごみとして焼却しないことでCO2削減につながり、再資源化で得た売却益が途上国の子供たちへのワクチン寄付につながります。

詳しくはこちら

Message & Memories

ロビーフォトスポットに
お寄せいいただいたメッセージ(更新中)

  • 結婚35周年を記念してきました。憧れのキャッスルでスタッフの皆さんの心遣いに感激しました。またいつか皆さんにお会いしたいです。幸せな時間をありがとうございました。
  • 2011年7月16日、このホテルで結婚式を挙げました。東北、九州から来た親族は、名古屋城が見えるこのホテルに泊まり、とても喜んでいました。結婚記念日には、毎年、夫婦でクラウンにてディナーORランチ。休館する年、とてもさみしい限りです。皆さまに感謝しています。本当にさみしいですが、これからも私たちも頑張っていきたいと思います。
    息子たちが大きくなった時、クラウンに連れてきたかったな。
  • 家族との記念日は、いつもキャッスルでした。娘は鉄板、息子はハンバーグが大好きです。今日は私の誕生日のイベントで初めて宿泊しました。家族の大切な場所です。新しくなっても、沢山の思い出を作りたいです。ありがとうございました。
  • 柳城で家族と食事するときはとても幸せに思います。リニューアル後も美味しい食事ができることを期待しています。
  • 春姫御膳で10年ぐらい月に一回通わさせていただき、ありがとうございました。
    また新しくなってもよろしくお願いします。
  • 親子2代で結婚披露宴を行い、記念日の食事会で西の丸に何度も伺いました。西の丸の35年前の女将さんから何代もの女将さんや年配のベテランの仲居さんの配慮ある心遣いに感謝致しております。そしてまた今夜も食事にきました。喜び。
  • これからもえがおでおいしいりょうりをつくってください。がんばってください。
  • りんたろうとことは、パパそしてママ、みんなで再びこの場所に食事に来れますように。
  • 1987年4月18日、こちらで結婚式をしました。その後、長い海外生活の後、33年ぶりに訪れ、リニューアルを知りました。寂しい気持ちでいっぱいです。
  • レストランでちゅうか料理をいただきました。とってもおいしかったです。休館になってしまうのがとてもさみしいです。
  • 昭和53年4月1日、私の人生のはなばなしい第2幕は青雲の間から!!ありがとう。
  • 息子の結婚式、孫たちのB.D祝いをクラウンで、そして1Fのバイキング、思い出がいっぱいです。淋しくなりますが、四年後の再開を楽しみに待っています。ありがとう!
  • 兄の結婚式、お誕生会、家族の思い出がいっぱいです。ありがとう、ナゴヤキャッスル。また新しい思い出を作りたいです。
  • たくさんの思い出をありがとうございました。クラウンからの景色最高でした。新しくなってもあの景色は残りますように。
  • 昭和生まれの幼なじみ3人娘、60才の折、夏まつり中に三人で夕食。生演奏の中、フラダンスで祝っていただき感動。以来、何度かお誕生日のランチで、クラウンのお城眺めるロケーションが好きでした。たくさんの思い出、どうもありがとう。
  • 10年後はAINA20才、Shunta16才、Ena12才、パパ51才、ママ50才。みんなで元気にまた来られますように。
  • 父母が結婚式を挙げ、姉も私も2017年に結婚式を天守の間で挙げました。いつも私たちの側にキャッスルがあり、最高の想い出ばかりです。本当にありがとうございました。
  • わたしはこのホテルが大すきです。またこんど、名古屋じょうを見にこのホテルにいきたいです。
  • 名古屋のホテルと言えばホテルナゴヤキャッスル。社会人になって松坂屋の宴会場でのセールに来てお寿司のランチを食べたりしていました。ここ8年位は武将隊のレストラン来店、宴会場イベントで毎月来る事になり、西の丸のスタッフの人達に名前までおぼえてもらえました。「あこがれのホテル」という、少し遠い存在だった感じでしたが、まさか、スタッフの人に顔見ただけで名前を呼んでいただける日が来るとは思っていませんでした。
    この頃の企画もうれしいです。お部屋でランチ、お部屋でフラワーアレンジ、持ち帰り弁当楽しんでいます。持ち帰り弁当の掛け紙は、前西の丸料理長の永田さんの字では!西の丸には長い間お世話になりました。
    コロナで武将隊イベントがずっと無くなってしまったのが残念です。永田前料理長にお礼を言うこともできませんでした。企画していただいた野崎さんも、西の丸の皆さんも、宴会場イベントの時にいてくださる方々も、ありがとうございました。そのイベントの記念品もいい思い出です。(ホテルナゴヤキャッスルが無くなるのではないのですが、何か記念になる物を売って欲しかったです)
    本当にお楽しい思い出、おいしい料理、ありがとうございました。
  • 眺望の美しさがほんとうにすばらしく早く新しいホテルを期待します。
  • 4年前、チャペルと名古屋城の見える天守の間に惹かれ、3年前ここで結婚式を挙げました。顔合わせはCROWNで。今日は両家そろって思い出話をしながらまたCROWNで食事をしました。なんと、宿泊の部屋は結婚式を挙げた日(604)でびっくりしました。なくなってしまうのは悲しい気持ちもあるけれと、4年後、新しいキャッスルも楽しみにしています。ありがとう!!
  • 名古屋で育ち、中一で名古屋を離れた私ですが、縁があり再びホテルナゴヤキャッスルを身近に感じていました。小学校の同窓会、息子たちの結婚式。一生忘れません。心からありがとうございました。皆様のお幸せを。すべてのスタッフの方々に感謝。素晴らしかった。
  • パパとママの10回目の結婚記念日でごはんを食べておいしかった。
  • 長い間、ありがとうございました。色々な行事、娘の結婚式にも使わせてもらい思い出のあるホテルです。未来もすてきなホテルが出来、また来れるように。  
  • 12年前、こちらのホテルで結婚式をあげました。12年後の今日、小学生になった子どもたちと一緒にクラウンでお食事させて頂きました。私達の幸福と常に歩んで頂いたキャッスル。本当にありがとうございました。  
  • 大好きな甥っ子の3才のお誕生日祝いをこちらのホテルでしました。みんながうれしそうで楽しんで帰ったことを思い出します。次のホテルも楽しみにしています。
  • 父の74歳の誕生日に家族で初めて訪れました。本当は東京オリンピックの開会式、コロナの影響で延期に。両親は私達東京に住む姉妹の家でオリンピックを観ながら過ごす予定でした。コロナ禍で自粛を続けておりましたが、何か家族で想い出を作れないかと考え、母に相談し、両親が結婚式の後に宿泊したというホテルナゴヤキャッスルに泊まることになりました。1977年2月19日に両親の宿泊した702号室を見せて頂き、一生の想い出となりました。4年後、また家族で来れるよう長生きしてほしいです。
  • 日本料理西の丸さんで毎月楽しく過ごさせていただきました。ホテルの方々にもいつも良くしていただき休館がさみしいです。
  • 2013.3 西の丸にて結納をしました。今日は家族4人でランチにきました。あれから家族が増えて仲良く楽しく過ごしています。工事が終わったらまた来たいと思います。
※原文のまま掲載しています。

2019年開業50周年フォトコンテストで
お寄せいただいたメッセージ

懐かしの真珠しゃち
懐かしの真珠しゃち

坂井田 酵三様

母が近所に住んでおり、キャッスルで食事する事が家族みんなの楽しみだった。今年は母の13回忌。真珠のしゃちで撮った写真が想い出深く記憶に残ってます。仏間とリビングに飾ってあり、このころが懐かしい思いです。

50年前の結婚式
50年前の結婚式

久美様

50年前の10月に御ホテルで結婚式を挙げました。予約するのもまだ別の場所でした。半年後位に友人からホテル写真室に私の写真が飾ってあるとの事聞きました。ドレスがニナリッチデザインでファッションショーで着用された品でしたので、尚更嬉しかったです。とても良い思い出です。

近所で育った兄妹
近所で育った兄妹

やなぎはら様

ホテルの徒歩圏内で育った私達兄妹3人、屋外プールで遊ぶのは夏休みの楽しみでした。キャッスルが大好きだった父も昨年他界。1969年生まれの私とホテルの50周年を一緒にお祝いしたかった。

孫と結婚式
孫と結婚式

GG様

二人の孫には、ナゴヤキャッスルの様に誰からも愛される人になってほしいと願っています。そして、いつの日かホテルを見守ってきた名古屋城に、成長した孫の姿を見せに来ます。その日が来るまで、名古屋城の様に孫の成長を見守っていきたいです。長生きできるか心配ですが。

恋人卒業♡
プロポーズ

渡邉 沙季様

彼が用意してくれた素敵すぎるプロポーズ♥これまでにない驚きと嬉しさで胸がいっぱいでした!全ては彼と、彼の大胆なお願いを快く引き受けてくれたホテルナゴヤキャッスルのスタッフさんたちのおかげです。

夢が叶った日
夢が叶った日

ひろみお様

名古屋城の見えるホテルナゴヤキャッスルで和装にて結婚式を挙げることが長年の夢でした。そんな夢を叶えるため尽力くださったホテルの皆様には感謝しかありません!人生でかけがえのない想い出の日になりました。

人生のスタート
人生のスタート

Rika様

三姉妹のスタートは、ここキャッスル!結婚式は、お城の見える最高の空間。最高のおもてなしと両親の笑顔は、これからもずっと私の一生の宝物。50歳になった今、父に言えなかったけど心より伝えたい。ありがとう!

米寿のお祝い
米寿のお祝い

あかね様

祖父の米寿のお祝いで親戚一同が集まりました。先日祖母は93歳で天寿を全うしました。写真を見ると、元気だったころの祖母と、ナゴヤキャッスルで過ごした楽しい時間を思い出して胸がほっこりします。

Display

  • 2020年夏
  • 2020年初夏
  • 2020年新春
  • 2019年クリスマス
  • 2019年開業50周年秋
  • 2019年開業50周年夏
  • 2019年開業50周年初夏
  • 2019年春
  • 2019年新春
  • 2018年クリスマス
  • 2018年秋
  • 2018年夏
  • 2018年初夏
  • 2018年春
  • 2018年ホテルリブランド
  • 2018年新春
  • 2017クリスマス
  • 2017年秋
  • 2017年夏
  • 2017年初夏
  • 2017年春
  • 2017年新春
  • 製作:
    ボタニカルスタイル井上幸信氏
    2017年クリスマス グリーンディスプレイ
    2018年2019年クリスマス 日比谷花壇

2020年9月30日をもちまして
営業を終了いたします