キャッスルについて
English

名古屋伝統工芸品ルーム
有松・鳴海絞×名古屋黒紋付染

名古屋伝統工芸品ルーム
有松・鳴海絞×名古屋黒紋付染

2020年6月1日(月)~2020年9月27日(日)

名古屋伝統工芸品ルーム<br>有松・鳴海絞×名古屋黒紋付染

日本古来の色「藍色」と深みある美しい「黒」の伝統工芸品に触れるステイ。
名古屋城を眺めながら400年続く名古屋の伝統をお楽しみください。

詳細

期間:2020年6月1日(月)~2020年9月27日(日)

客室:

スタンダードツイン / キャッスルビュー

料金:

1室2名様 ¥36,000
※表示価格は1室あたりの料金(税金・サービス料込)です。

有松・鳴海絞制作 :山上商店、まり木綿
コーディネート  :合同会社ありまつ中心家守会社
名古屋黒紋付染制作:山勝染工

特典

  • 有松・鳴海絞と名古屋黒紋付染のくるみボタンゴムをプレゼント
  • クラブラウンジのご利用
  • 朝食付き

有松・鳴海絞

  • 名古屋城築城の際、豊後(大分)の方より絞り染めを習った庄九郎らがこの地で創意工夫により生まれた100種類以上の絞り技法や染色技法をもつ「有松・鳴海絞」。有松・鳴海絞の産地、名古屋市緑区の「有松」の町並みは、全国で唯一「染織町」として、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
    日本の色「藍色」をメインに、現在はカラフルなデザインも人気です。

名古屋黒紋付染

  • 礼装で親しまれている黒紋付の生地に紋型紙を使用する「紋型紙板締め」の伝統的な技法を使い、紋が入る部分を白く染め抜く「名古屋黒紋付染」。
    はじまりは慶長16年(1611年)、尾張藩紺屋頭の小坂井新左衛門が、藩の呉服、旗、幟などを製造したことだといわれています。現在主流である染色加工とは違い昔ながらの黒染は、深みのある美しい黒となります。

客室のリネン類、アメニティについて

  • TENERITA テネリータ
    世界で最も厳しい基準をもつといわれるドイツのオーガニック認証”Global Organic Textile Standard(GOTS)”から、日本国内では初となる認可を受けたブランド。
    化学農薬や化学肥料を3年以上使用していない農地で栽培された綿花を使用しており、天然素材が本来もつ特徴や風合いを感じていただけます。肌触りの良く、環境にもやさしいリネン類です。当ホテルのベッドリネン、タオル類、パジャマは「テネリータ」を使用しています。
  • BVLGARI ブルガリ
    全世界でも格式の高いホテルのために生み出されたブルガリ・ホテル・コレクションのバスアメニティが贅沢な安らぎへと誘います。

ご予約方法

お電話 052-521-2121
宿泊販売課

ご予約方法

お電話
宿泊販売課
052-521-2121