コラム

COLUMN - プロのインストラクターによる、ランニングに関するコラムを毎月ご紹介。

【2015/7/30】

ウォーキングフォームの見直し vol.4〜重心〜

コラムイメージ

こんにちは! Re:Ly Fitness United代表・パーソナルトレーナーの田中志明です。

今回も引き続き「ウォーキングフォームの見直し」をご案内致します。

前回まではウォーキング時のカラダの使い方をご案内してきました。今回は「重心」をご案内致します。
私の表現方法で「足は内。膝は外」とお伝えしています。ここで言う「足」とはつま先から踵までを指します。

重心

①足は内とは

内くるぶしの下に重心をおきます。

コラムイメージ

②膝は外とは

内くるぶしの下に重心をおく事により、膝も必要以上に内旋(内側に入れること)します。
入り過ぎた膝は外旋(外側に開くこと)させます。
すると足は内側、膝は外側にチカラが入っている状態になると思います。
相反するチカラが脚を真っ直ぐにさせ、内転筋が緊張します。
特にO脚の方には立っているだけでトレーニングになる事でしょう。

コラムイメージ

足→膝→股関節が一直線上に。足と膝の向きが同じ方向を向いていて欲しいです。
膝だけ直線上から外れたり、足と膝の向きの違いで捻れが生じる事により怪我を引き起こします。

さいごに

怪我をしないランニングライフを送るために、歩き方から見直して頂いて効率よく動き、
怪我のないカラダ作りをご案内致しました。ご拝読ありがとうございました。

著者イメージ
【著者プロフィール】
田中 志明(タナカ モトアキ)
2000年4月米国シアトルにてパーソナルトレーニング研修参加
2000年8月米国シアトルにてコンディショニング&ストレングス研修参加
2001年3月大阪ハイテクノロジー専門学校 スポーツ科学科卒業
2001年3月神戸にてパーソナルトレーナー活動開始
2002年4月キレイな歩き方教室開講
2003年5月関西テレビ「2時ドキッ」ダイエット企画主演
2003年12月NSCA-CPT取得
2008年8月NHK「キラッと生きる」出演
2010年4月季刊紙「Coco Life」掲載
2013年「Re:Ly Sports CLUB」提案
2015年2月より「Re:Ly Fitness United」オープン
記事アーカイブ
トップへ戻る