想いを叶えるために

CP(キャッスルプラザ)宿泊課 フロントグループ 三野 結香

ひとつひとつ、丁寧に心を込めて応対する。どんな時も笑顔を絶やさない自分でいたい。

ひとつひとつ、丁寧に心を込めて応対する。どんな時も笑顔を絶やさない自分でいたい。

PROFILE

2014年入社。
CP宿泊課フロントグループに配属となる。

胸に響いた「誇り高き、謙虚な群団」という言葉。

胸に響いた「誇り高き、謙虚な群団」という言葉。

就活を始めた頃は「土日休みの事務系」を志望していたんですが、なかなか受からなくて…。「もう少し幅を広げて活動しよう」と、学内に来て下さる企業の話を聞きに行ったのが、ナゴヤキャッスルと出会ったきっかけです。その際、「笑顔が素敵で華やか。さすがホテルの方だな」と思いましたね。
その後、大学のキャリアセンターに相談したところ、接客業のアルバイトを4年間していたことから、「自分の強みを生かす道もあるよね」と言われ、説明会に参加することに。
その時の社長の言葉が胸にズシンと響いたんです。「私たちは誇り高き、謙虚な群団である」と。
社長自らが説明会に参加されることも珍しかったし、「自分に誇りが持てる仕事って、かっこいいな」と思い、入社を志望しました。

お客様のニーズに臨機応変に対応。どんなに忙しくても笑顔を保つ。

お客様のニーズに臨機応変に対応。どんなに忙しくても笑顔を保つ。

仕事の様子
フロントではお客様のチェックイン、チェックアウトだけでなく、領収書や請求書の発行など、会計業務も行います。
お金の管理はシビアで、計算が合うまで原因をとことん追及するんです。そんな最中にお客様のチェックインが重なると、「お客様中心に仕事がしたい」と思う自分と「先にお金の計算を終わらせたい」と思う自分とのせめぎ合いが起こり、それが顔に出てしまうことも…。
常連のお客様のお名前とお顔も最初はなかなか覚えられず、お顔の特徴やファッション、いつも何曜日の何時頃にいらっしゃるかなどをメモにとりながら、覚えていきました。
お客様のニーズも様々で、先日は外国人のお客様から、「客室で出している日本茶はどこで買えるのか?」と聞かれ、同じお茶を販売しているお店がないか探し回りました。
毎日、様々なことが起こりますが、ひとつひとつ、丁寧に心を込めて応対する。どんな時も笑顔を絶やさない。そう自分に言い聞かせながら働いています。

仕事が楽しいと思えるのは、職場の雰囲気も重要な要素。

仕事が楽しいと思えるのは、職場の雰囲気も重要な要素。

仕事の様子
就活中、OG訪問をした際、「仕事を辞めたいと思ったことがありますか?」と質問したところ、「一度もない。仕事が楽しくて仕方がない」という答えが返ってきたんです。
実際にこの会社で働いてみて、「仕事が楽しい」というのは仕事の中身だけではなく、ともに働く人との関係性や職場の雰囲気も重要な要素だということに気づきました。
私が勤務するCPはとてもアットホームな職場なんです。特に宿泊の支配人は「みんなのことは家族だと思っている」と言っていて、失敗が続いた時には飲みに誘い、そこでじっくり話を聞いて下さる。その温かさに、これまで何度も救われました。
業種や職種だけでなく、会社の雰囲気、社風も会社選びの大切な要素ではないかと思います。

※掲載の所属部署は、取材時のものです。

他のインタビューを見る

  1. No.1
  2. No.2
  3. No.3
  4. No.4
  5. No.5